サービスに関して

約40年前に設立された預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払うペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"なのである。、日本銀行そして日本銀行合わせて民間金融機関全体がほぼ同程度の割合で
民営化されたゆうちょ銀行から受けることができるサービスに関しては民営化前からの郵便貯金法に基づいた「郵便貯金」としては取り扱わない。民営化後適用された銀行法に定められた「預貯金」に準ずる扱いのサービスということ。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行が信じられないことに破綻せざるを得なくなった。この破綻で、これまで発動したことのないペイオフ預金保護)が発動することになった。これにより3%(全預金者に対する割合)程度とはいえ数千人の預金が、適用対象になったと推測されている。
よく聞くコトバ、デリバティブの内容⇒これまで取り扱われていた金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動を原因とするリスクを避けるために作り出された金融商品の大まかな呼び名である。金融派生商品といわれることもある。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月に、アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが前触れもなく破綻したのである。この出来事が世界的な金融危機の原因になったためその名から「リーマン・ショック」と名づけられたのが理由。
この「銀行の経営がどうなるかは信用によって大成功するか、そうでなければ融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと見込まれて順調に進まなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
よく聞くコトバ、保険とは、想定外に発生する事故で発生した財産上の損失を想定して、同じような多数の者が少しずつ保険料を出し合い、集まった積立金によって保険事故が発生した際に保険金を給する制度である。
簡単、外貨MMFってどういうこと?国内であっても売買が許可されている外貨商品。外貨預金に比べると利回りがかなりよく、為替の変動によって発生する利益は非課税というメリットがある。証券会社で購入しよう。
今後も、日本国内においては、銀行等は、国内だけではなく国際的な金融市場や取引に関する規制等の強化も考慮し、経営の強化や企業同士の合併・統合等を含む組織再編成などに積極的に取り組んできています。
麻生総理が誕生した平成20年9月15日、アメリカで大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したことはご存じだろう。この出来事が発端となってその後の歴史的な世界的金融危機の引き金になったためその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたのです。
はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)した。こうした事態に、初となるペイオフが発動したのである。このとき預金者全体の3%程度とはいえ数千人が、上限適用の対象になったと思われる。
きちんと知っておきたい用語。外貨MMFとは?⇒現在、日本国内で売買できる数少ない外貨商品の一つである。外貨預金と比較して利回りがかなり高く、為替変動による利益も非課税という魅力がある。興味があれば証券会社で購入しよう。
最近増えてきた、デリバティブ⇒従来からのオーソドックスな金融取引、実物商品及び債権取引の相場が変動したことによる危険性を退けるために生み出された金融商品の大まかな呼び名であり、とくに金融派生商品と呼んで区別することもある。
一般的にバブル経済(バブル景気・不景気)⇒市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)の市場での取引金額が度を過ぎた投機によって経済の成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
平成7年に全面改正された保険業法の定めに基づき、保険を販売する企業は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社に分かれた。いずれの会社も内閣総理大臣による免許を受けている者でないと行ってはいけないという規則。

広告を非表示にする